麻酔科医大大大募集!につき、募集情報や当科の日々の様子を皆様にお届けいたします。


by koshimasu

麻酔科医も経胸壁エコーを・・・

全員ではないですが、心臓の悪い患者さんは
術前に循環器内科医による心エコー検査が必要な場合があります。

麻酔をかける際に使用する薬剤で血圧が少しでも下がったり、
気管挿管(呼吸をする管を入れる)の刺激で脈が少しでも早くなったりしただけで
心臓がアップアップしてしまいそうな患者さんの場合は
術前の心臓の評価が重要になります。
(それによって、麻酔の導入に使う薬を変更したり追加したり)

ただし緊急手術の場合、タイミング良く内科医を捕まえて
わざわざ心エコーを当ててもらえない時もあります。

そんな時役立つのが麻酔科医による経胸壁心エコー検査。

手術台の上にいる患者さん・・・まさにこれから手術!という時に、
麻酔導入直前の心臓の状態を見ることができます。

基本的には専門外なのできちんとした評価はできませんが、
経食道心エコーの知識を活かして心臓の評価をある程度することができます。

下の写真は、管理人が発売してすぐ飛びついて買ったマシーン(笑)です。

ずっと自宅で自分の心臓を見ているだけでしたが(心臓病は持っていませんよ)、
最近はこれがお気に入りで、少しでも気になる患者さんがいたら当てることにしています。

↓ 携帯型超音波検査器(Vscan):携帯電話よりひとまわり大きいサイズ

a0175752_2174257.jpga0175752_2172038.jpg
[PR]
by koshimasu | 2012-02-21 21:38 | 管理人のツブヤキ