麻酔科医大大大募集!につき、募集情報や当科の日々の様子を皆様にお届けいたします。


by koshimasu

カテゴリ:管理人のツブヤキ( 7 )

全員ではないですが、心臓の悪い患者さんは
術前に循環器内科医による心エコー検査が必要な場合があります。

麻酔をかける際に使用する薬剤で血圧が少しでも下がったり、
気管挿管(呼吸をする管を入れる)の刺激で脈が少しでも早くなったりしただけで
心臓がアップアップしてしまいそうな患者さんの場合は
術前の心臓の評価が重要になります。
(それによって、麻酔の導入に使う薬を変更したり追加したり)

ただし緊急手術の場合、タイミング良く内科医を捕まえて
わざわざ心エコーを当ててもらえない時もあります。

そんな時役立つのが麻酔科医による経胸壁心エコー検査。

手術台の上にいる患者さん・・・まさにこれから手術!という時に、
麻酔導入直前の心臓の状態を見ることができます。

基本的には専門外なのできちんとした評価はできませんが、
経食道心エコーの知識を活かして心臓の評価をある程度することができます。

下の写真は、管理人が発売してすぐ飛びついて買ったマシーン(笑)です。

ずっと自宅で自分の心臓を見ているだけでしたが(心臓病は持っていませんよ)、
最近はこれがお気に入りで、少しでも気になる患者さんがいたら当てることにしています。

↓ 携帯型超音波検査器(Vscan):携帯電話よりひとまわり大きいサイズ

a0175752_2174257.jpga0175752_2172038.jpg
[PR]
by koshimasu | 2012-02-21 21:38 | 管理人のツブヤキ

後輩の成長

先日、とある手術で後輩がTEEを操作していました。

麻酔導入後スパッとTEEを挿入、タタターっとスクリーニング。

その手さばきを見て私が「腕上げたねぇ」と言うと
「やっぱ、試験(JB-POT)勉強をすると違いますね」とその後輩。

そう、ただただ実践ではなく、問題集を解いたりすることによって
頭の中の知識と目と手で感じた臨床が結び付き感動が生まれます。

さらに、TEEの場合は問題集や参考書にDVDがついていたり、
インターネットでさまざまな動画が見られるので、
それらを活用しない手はありません。

TEEに興味を持ってどんどん学んでいく後輩たちを見て、
とても嬉しくなった管理人なのでした(^^)♪
[PR]
by koshimasu | 2011-12-17 10:06 | 管理人のツブヤキ

麻酔器ショッピング♪

毎年この時期になると、
来年度購入する麻酔器やモニターを選定する楽しみが訪れます。

昨年会議に会議を重ねて選んだ麻酔器とモニターが
やっと届いたのもつかの間・・・

今年購入申請しようと思っているものは、管理人が数年前学会会場でひとめぼれした
某社の「軽量、コンパクト」「充分な性能」「低流量にも強い」を
特徴とした麻酔器です。

昨年デモ器をお借りし、医局員からの評判はそれなりに良かったのですが、
意外だったのが・・・手術室清掃員からの評判がとても高かったことです!

「この麻酔器小さいし軽いし、掃除が楽だわ―」とお掃除のおばさま。

そうなんです、軽量麻酔器は掃除のときだけでなく
手術中に麻酔器を移動する(※)際にも大変扱いやすいのです。

また、この麻酔器は病棟で使用されている人工呼吸器と同じメーカーなので、
気化器を除く使用法がほとんど同じであり、消耗品の流用も可能など
メリットがたくさんあります。

希望が通ればいいな~♪


※ 患者さんに麻酔がかかる前、麻酔器は仰向けで寝ている患者さんの頭の右上にありますが、手術をするときに執刀医が患者さんの頭付近に立つ場合など麻酔器が邪魔になる場合(脳外科手術、耳鼻科手術など)は、麻酔導入後、手術前に麻酔器を邪魔にならない場所に移動しなければなりません。もちろん、患者さん(の挿管チューブ)と麻酔器をつないでいる蛇管が届く範囲での移動ですが。
  
[PR]
by koshimasu | 2011-11-20 09:56 | 管理人のツブヤキ
人生2回目の北海道、旭川へ行って参りました!
(学会でしか北海道に行ったことのない管理人です;観光経験ゼロ)

日が迫ってから旭川行きが決まったため良い時間の飛行機がとれず、
本日行われた「心臓血管麻酔専門医試験対策セミナー」は途中退場する羽目に・・・

いろいろ勉強になりましたが、私の心にいちばん残っているのは・・・

会場アナウンスの女性が「TEEセミナー」についての案内をする際
「ティーセミナー」(ティー・イー・イーではない)と毎回言うので、
紅茶のセミナーか?と思いツボにはまってしまったことです(笑)

・・・と冗談はさておき。

毎回学会に行くと思うのは、常に新しい知識を手に入れることが重要だということです。

医療の分野では多数のガイドラインが制定され、
エビデンスが重ねられればそのガイドラインは改正されます。

ガイドラインはあくまで指標であり、遵守しなければ訴えられるわけではありませんが、
自分の携わる分野に関するガイドラインを熟知し、診療の参考にする必要はあります。

(以前の職場で、とあるガイドライン制定委員会に顔を出す機会がありました。
その作成に際し議論に議論が重ねられ、大変な時間と労力がかけられました。)

また、素晴らしい論文を見つけてもその結論を覆す論文が発表されることもしばしばあります。
常にいろいろな論文を読んで自分なりの見解を持つことは重要です。

私が高校を卒業して医学部に入り、医学書を初めて手にして一番驚いたことは、
「この疾患の原因はまだ分かっていない」という記載が想定外に多かったことです。

医学では解明されていないことは本当にたくさんありますし、
昔の常識が今の非常識に、昔の非常識が今の常識になることも多いです。
(慢性心不全にβブロッカー、血糖値のstrict controlについてなど)

常にup-to-date!
言わずもがな、医者は生涯勉強です!
[PR]
by koshimasu | 2011-10-10 21:49 | 管理人のツブヤキ
「麻酔科研修での思い出」も項目に入れればよかった~と後悔。

次回のレジデント紹介から追加しておきます(汗)

a0175752_22431620.gif

[PR]
by koshimasu | 2011-09-01 22:43 | 管理人のツブヤキ

ファイル削除

多忙のため
2~3ヶ月ひかえていた
英会話とジム通い。

今日久々にジムに行ったら、
なんと自分のファイルが
削除されていました…

その疎外感たるや!

忙しくても
少しは時間を見つけて、
これからも運動を続けようと
誓った次第です。
[PR]
by koshimasu | 2011-08-01 22:11 | 管理人のツブヤキ

おるすばん

昨日は医局の納涼会in イクスピアリでした♪

うちの病院は東京ディズニーリゾート最寄駅までなんと電車で45分程度なんです!
勤務帰りにlandやseaに行けちゃう距離(^-^)
近日中に写真をupしますね♪♪

管理人は一人の~んびり?オルスバンでした。
(だからってこんなに早く起きなくても・・・笑)

記載:7/3 4:51AM
当直中は緊張で熟睡できないですね・・・早朝覚醒もしばしば
[PR]
by koshimasu | 2011-07-03 04:51 | 管理人のツブヤキ