麻酔科医大大大募集!につき、募集情報や当科の日々の様子を皆様にお届けいたします。


by koshimasu

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

高性能な麻酔器(人工呼吸器)、SpO2モニターの標準化などにより、
どの施設でも昔ほど片耳聴診器が使われなくなってきているという事実があるのですが・・・

先日開催された日本麻酔科学会総会において、
とある先生が片耳聴診器の大切さを再認識してほしいと
聴衆に向けておっしゃっていたそうです。
当医局でも朝のミーティングでそのことが伝えられました。

特に小児麻酔において、連続的に心音・呼吸音を聴くことが
何らかの異常の早期発見につながることを考えると、
片耳聴診器は大変有用です。

聴覚だけではなく、呼吸バッグを押す右手の感覚や
術中の患者さんのお顔の様子をうかがう視覚、
そういったものも麻酔科医にとってとても重要な感覚です。

モニターに表示される数字だけを見て「数字」を適正範囲にするのではなく、
「患者さん」に起きた不具合を治療するのです。
その早期発見には五感を働かせることが大事・・・

そして、自分の五感とモニターの数値がうまくリンクしているかを
フィードバックさせることもまた重要ですね。

外勤先の小さな病院など、高性能器材が装備されていない手術室もあります。
そのようなところで仕事をする時こそ、
普段どれほど自分が五感を働かせて麻酔をかけていたかが問われます。
[PR]
by koshimasu | 2011-05-28 12:20 | 抄読会、勉強会(時折up)

ニックネーム

「エキストラ・ガチンスキー」

・・・”ガチ”が口癖、エキストラの仕事が大好きな男性医局員
   ガチンスキー:最近大活躍のロシアンフィギュアスケーター


「鼻かみ王子」


・・・朝カンファの最中、気にせず大きな音で鼻をかむ
   医局の愛され弟キャラ


最近、医局員にニックネームをつけるのが流行っています。
[PR]
by koshimasu | 2011-05-13 20:45 | 楽しい日々のデキゴト