麻酔科医大大大募集!につき、募集情報や当科の日々の様子を皆様にお届けいたします。


by koshimasu

何たる成長!

今年3月に微笑ましい交換日記の表紙を披露してくれた医局員の愛娘、Rちゃん。

先日、管理人が当直をしていると、医局にドーナツと置き手紙が・・・

じっ・・・字が上手になってる!!!

仲間の子供の成長を見るのも、すっかり楽しみの一つとなりました♪

ありがとう、おいしくいただきました(^ー^)/

a0175752_2312524.jpg
[PR]
# by koshimasu | 2011-10-12 23:02 | 楽しい日々のデキゴト

耳より情報!

日本語版の存在しなかったTEEの問題集が、
日本心臓血管麻酔学会の会場で先行発売されました!

Perioperative Transesophageal Echocardiography Self-Assessment and Review(写真) の訳本です。a0175752_21415456.jpg

本家本元より字が大きく(サイズも一回り大きく厚い)
読みやすそうです。
さあ、みんなでお勉強しましょう♪







実は、個人的にこの問題集の日本語訳を作成しようと企んでいた管理人ですが、
その必要は全くなくなりました・・・汗
翻訳された先生方に感謝感謝です。
[PR]
# by koshimasu | 2011-10-10 21:50 | 興味深い動画、書籍など
人生2回目の北海道、旭川へ行って参りました!
(学会でしか北海道に行ったことのない管理人です;観光経験ゼロ)

日が迫ってから旭川行きが決まったため良い時間の飛行機がとれず、
本日行われた「心臓血管麻酔専門医試験対策セミナー」は途中退場する羽目に・・・

いろいろ勉強になりましたが、私の心にいちばん残っているのは・・・

会場アナウンスの女性が「TEEセミナー」についての案内をする際
「ティーセミナー」(ティー・イー・イーではない)と毎回言うので、
紅茶のセミナーか?と思いツボにはまってしまったことです(笑)

・・・と冗談はさておき。

毎回学会に行くと思うのは、常に新しい知識を手に入れることが重要だということです。

医療の分野では多数のガイドラインが制定され、
エビデンスが重ねられればそのガイドラインは改正されます。

ガイドラインはあくまで指標であり、遵守しなければ訴えられるわけではありませんが、
自分の携わる分野に関するガイドラインを熟知し、診療の参考にする必要はあります。

(以前の職場で、とあるガイドライン制定委員会に顔を出す機会がありました。
その作成に際し議論に議論が重ねられ、大変な時間と労力がかけられました。)

また、素晴らしい論文を見つけてもその結論を覆す論文が発表されることもしばしばあります。
常にいろいろな論文を読んで自分なりの見解を持つことは重要です。

私が高校を卒業して医学部に入り、医学書を初めて手にして一番驚いたことは、
「この疾患の原因はまだ分かっていない」という記載が想定外に多かったことです。

医学では解明されていないことは本当にたくさんありますし、
昔の常識が今の非常識に、昔の非常識が今の常識になることも多いです。
(慢性心不全にβブロッカー、血糖値のstrict controlについてなど)

常にup-to-date!
言わずもがな、医者は生涯勉強です!
[PR]
# by koshimasu | 2011-10-10 21:49 | 管理人のツブヤキ
プレゼンテーションを始めるにあたり、
話す内容をざっとaudienceに伝えるととても分かりやすいものになります。

流れとしては・・・

1)あいさつをする
2)テーマを告げる
3)話す内容の骨組みを大まかに伝える
4)時間配分を伝える
5)質問の受付やduscussionのpolicyについて知らせる

1)Good morning ladies and gentlemen.
  Hello, everyone. (カジュアル)
  I'm Sarah Braun from Dokkyo Koshigaya Hospital.
2)The theme of my presentation is...
  I'm going to talk about...(カジュアル)
3)I've divided my talk into three parts.
  In the first part,
  Then in the second part...
  Finally...
4)The presentation will take about twenty minutes.
  My talk will take about twenty minutes.(カジュアル)
5)After my talk there'll be time for a discussion and any questions.
  (↑プレゼン後に質問や議論の時間を設ける場合)
  Please interrupt if you have any questions.
  (↑話の途中でも質問を受け付ける場合)
あくまで一例です。どうぞご参考に。

参考) English for Business Communication -Student's Book- Cambridge Univ. Press
[PR]
# by koshimasu | 2011-10-10 21:26 | ビバ国際学会!~超初級編
今回は「よっしー」さんの紹介です。

・夏休みの過ごし方
   愛娘(10か月)とたわむれて過ごしました
   ハイハイに追いつかない・・・ 
・経験のある部活動、習い事
   幼少期:習字、ピアノ
   バレーボール、バドミントン
・もし医者になっていなかったら?
   営業職をやってみたい 
・電車の中でよくすること
   人間観察
・一日の締めくくり
   子供を寝かしつけながら一緒に夢の中へ
・夢
   海外移住   
・お気に入りの一枚
   (後日持参)

◆管理人より・・・
   ついにママさん麻酔科医の仲間入りを果たしたよっしー。
   いつも生き生き頑張ってます! 
   ところで、電車の中で人間観察をする人は多いですね~

[PR]
# by koshimasu | 2011-09-20 17:20 | 2011年度医局員より